Requires a javascript capable browser.

外装リフォーム専門店のガイソー東海店

東海店

0120-722-855 ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 リフォームの流れ ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 リフォームメニュー 外壁塗装キャンペーン 外壁サイディング 屋根カバー工法 火災保険 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
お役立ちコラム お問い合わせ 見積り依頼★好評 来店予約★好評 資料請求 オンライン相談 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > タスペーサーとは?スレート屋根塗装の必須部材
ブログ
タスペーサーとは?スレート屋根塗装の必須部材
2021年07月21日
 皆様こんにちは!

今回は、タスペーサーと呼ばれる部材について解説していきます。

タスペーサーとは樹脂製の部材で、スレート屋根の塗装に使用される部材です。

このタスペーサーの設置を行わずに塗装を行うと、最悪の場合雨漏りなどに繋がってしまいます!

何故タスペーサーが必要なのか、どんなふうに使用するかなどを解説していきます!


①タスペーサーってどんなもの?

②どうしてタスペーサーが必要なの?

③タスペーサー施工の費用相場

④タスペーサーが必要ない場合もある!



①タスペーサーってどんなもの?



上の写真がタスペーサーと呼ばれる部材です。

樹脂製(プラスチック製)の部材で、特殊な形状をしています。

スレート屋根を塗装する前に、このような部材を数十個単位で注文し、設置していきます。



設置した時の様子です。

スレート屋根は段々に重ねられていて、重ねの部分にタスペーサーを差し込みます。

これを等間隔で行い、スレート自体をほんの少し浮き上がらせるのが目的です!





②どうしてタスペーサーが必要なの?


タスペーサーはスレート屋根の塗装前に必ず設置しなければなりません。

もしも業者さんのお見積りにタスペーサー施工の欄が無ければ、かならずどうするのか聞いておきましょう。

ではなぜタスペーサーは重要なのでしょうか?

タスペーサーでスレートをわずかに浮き上がらせて塗装を行うのは、雨水が屋根から浸入するのを防ぐためです。


スレートを浮き上がらせずに塗装を行うと、スレートが重なり合った箇所の隙間を、塗料を塗って出来上がる塗膜が塞いでしまいます。

するとスレートの裏側に入り込んだ水の逃げ道がなくなり、屋根からの雨漏りに繋がってしまうのです。

このようなケースを避けるため、スレートにはタスペーサーを設置してから塗装を行うのです。





③タスペーサー施工の費用相場


タスペーサーの費用相場は  500円/㎡  前後が一般的とされています。

タスペーサー自体の材料費と施工費を合わせた費用です。










④タスペーサーが必要ない場合もある!


タスペーサーはスレート屋根に必須と書きましたが、タスペーサー施工が必要ないケースというのも存在します。

そうすれば、タスペーサー施工分の費用が浮くのでとてもお得ですよね。

タスペーサーが必要ないケースとは、もともとスレート自体が浮いてきているケースです。

スレートは水を吸い込みやすく、比較的浮き反りが起こりやすい屋根材です。







そのため、すでに十分にスレート同士の隙間が確保されているならば、上から塗料を塗っても隙間を塞ぐことがないためです。

しかし、だからといってスレート屋根をほうっておくと、浮き反りや割れ剥がれ等が著しく、塗装ができない状態になってしまいます。

タスペーサーが必要であるくらいの時期に塗装しておくのが、理想的な塗装時期ともいえるでしょう!








いかがだったでしょうか?

前回の塗装業者がタスペーサーを施工せずに塗装し、雨漏りなどによって屋根の大規模なリフォーム工事を行わなければいけなくなった!

こういうケースのお客様が、実は意外といらっしゃいます。

業者さんのスレート屋根塗装の見積もりを見るときは、タスペーサーの欄を確認しましょう。

欄が見つからない場合、理由を聞ければベストです。

納得できる理由を話せない場合、もしかするとその業者さんに頼むのは危険かもしれません。


それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!
来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!