Requires a javascript capable browser.

外壁塗装・外壁サイディング貼り替え・屋根リフォームは外装リフォーム専門店のガイソー東海店にお任せください。

東海店

0120-722-855 ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 リフォームメニュー 外壁塗装キャンペーン 外壁サイディング 屋根カバー工法 火災保険 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
リフォームの流れ お問い合わせ 見積り依頼★好評 来店予約★好評 資料請求 オンライン相談 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > 知多市にて屋根カバー工事を行いました!
ブログ
知多市にて屋根カバー工事を行いました!
2021年05月30日
 皆様こんにちは!

今回は知多市にて屋根カバー工事を行いました!

屋根カバー工事とは既存の屋根をそのままに、新しく防水シートから屋根を被せるような工法です。

スレート屋根のリフォーム工事で行うことが多い工法です。

カバー工法は既存の屋根の上から直接防水シートを貼っていくので、既存の屋根自体がある程度平坦な面になっている必要があります。

なので、瓦等の屋根では凹凸が激しいので行うことができません。

さらにスレート屋根のお家にカバー工事を行うことが多い理由として、スレート屋根自体がこまめなメンテナンスが必要だということです。

スレートは10年ごとの塗装のメンテナンスが必要な屋根材と言われており、瓦などと比べると維持費がかかりやすい屋根です。

さらには10年ごとの塗装を行ったとしても、30年目には経年劣化で屋根材としての機能が衰え、葺き替えもしくはカバー工事などのリフォームが推奨されているのです。

しかし屋根カバー工事を行えば、スレートのメンテナンスや寿命等は気にせず、新しい屋根材の寿命だけ考えればよくなります。

それでは、実際のカバー工事の様子を紹介していきます!





カバー工事でまず最初に行う、棟板金の撤去です。

新たな屋根をカバーする時に、棟部分の板金がどうしても干渉してしまうので、あらかじめ撤去しておきます。

棟板金を止めつけるための木材も撤去していきます。



こちらは、防水シートと端部の板金を施工した後の様子です。

既存のスレート屋根の上に直接防水シートを貼り付けています。

防水シートは、屋根専用の「ルーフィング」と呼ばれる素材です。

瓦でも、スレートでも板金でも、屋根の裏側には必ずこのように下地を保護する防水の役割を果たす部材が入っています。

このような部材を「下葺き材」と呼び、ルーフィングは下葺き材の一種です。




いかがだったでしょうか?

屋根カバー工法は平坦な屋根でしか施工できず、特にスレート屋根で行われるケースが多いです。

先述のように、スレート屋根は定期的なメンテナンスと30年の寿命というデメリットがあります。

しかしカバー工法を行うことで、上から新しい屋根を被せることでそれらのデメリットを帳消しにできるからです!

最近はスレートの屋根のお家も増えてきているので、屋根カバーは屋根のメンテナンス手段として非常に人気の高い工法になっています!

屋根カバーについて気になる方は、ガイソー東海店へぜひお問い合わせください!



それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました!


来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!